お口の健康維持に貢献できるよう努めています。ふくの歯科・矯正歯科

042-741-8080

〒252-0314 相模原市南区南台6丁目19−7

  • 土日診療
  • 駐車場完備

営業時間

キービジュアル

歯を抜かないで、きれいに治したいという思いは、私たちも共通です。

お子さまの健康な歯を抜かずに、
きれいに治してあげたいという
保護者様の声も多く耳にします。

しかし、歯並びのタイプや
矯正歯科治療を開始した時期によっては、
小臼歯という種類の歯を抜くことを
お勧めする場合もあります。

小臼歯を抜かない(非抜歯)矯正歯科治療に向いている歯並びのタイプ

1.歯が大きすぎず、でこぼこが少ないタイプ

上顎中切歯の横幅の平均は8.2mmです。9.0㎜近くになると歯が大きいという印象を受けます。
横幅が大きな歯をきれいに並べるためには、スペースを作る必要があります。
でこぼこの状態が少ないほど、小臼歯を抜かずに治療できる可能性が高くなります。

  • 症例写真
  • 症例写真

2.前歯が前方に突出していないタイプ

横顔において鼻尖と、オトガイを結んだ線(Eライン)上または内側に、上唇と下唇が納まっていると、小臼歯を抜かずに治療できる可能性が高くなります。前歯が前方拡大(傾斜)しても口が閉じにくくならないためです。

出っ歯と感じている方は、でこぼこが少なくても小臼歯抜歯を伴う矯正歯科治療が効果的です。でこぼこを解消する+前歯を後方に移動するためのスペースも必要になるためです。

  • 横顔1
  • 横顔2
院長

歯をきれいに並べるためには、スペースをつくる必要があります。
その代表的な方法が小臼歯抜歯ですが、実は他にもスペースを作る方法は存在します。

非抜歯で歯を並べる場合はそれらの方法を組み合わせてスペースを作ることになります。

歯を並べるスペースを作る方法

1.小臼歯抜歯

犬歯と大臼歯の間にある小臼歯を抜いてスペースを作ります
口元を引っ込めたい場合には、効果的な方法です。

一方、でこぼこが少ないケースでは、歯を動かす距離が大きくなるため治療期間が長くなる傾向があります。

  • 症例写真
  • 症例写真

2.前方、側方拡大

側方拡大

歯並びのアーチを前方や側方に広げることでスペースを作ります
主に、歯を傾斜させて広げるため、もともと奥歯が内側にたおれているケースで効果的な方法です。

一方、前歯部では、歯が前方に傾斜するため、出っ歯の改善は期待できません。
また、広げる方向に歯を支える骨がないと歯を動かすことができないため、獲得できるスペースには限界があります。

骨の範囲を超えて歯を並べると歯ぐきが下がったようになるので注意が必要です。

3.IPR

ディスキング

歯と歯の間に、やすりを挿入し、ごくわずかな量だけ歯を削りスペースを作ります
歯を削りますが、処置中の痛みは、ほとんど感じられないため、麻酔の必要はありません。処置後にしみたり、むし歯になったりする心配もいりません。

軽度のでこぼこ歯や後戻りのケースで効果的な方法です。

4.後方(遠心)移動

歯並び全体を、奥歯から後ろ(遠心)へ動かすことでスぺ―スを作ります。その際、歯科矯正用アンカースクリューを使用します。

顎の骨の大きさ(奥行)によっては限界がありますが、親知らずを抜いたスペースを有効利用します。

小臼歯を抜いた場合と比較して、治療中に大きな隙間が見えて見た目が悪くなることはありませんが、動かす歯の本数が多くなるため、距離によってはかえって時間を要することもあります。

矯正歯科治療で、親知らずに装置を付けて並べることは稀で、親知らずは最終的に抜くことがほとんどです。そのため、親知らずを抜歯しても、「抜歯をして矯正歯科治療をした」と考えることはありません。

  • 症例写真
  • 症例写真

歯科矯正用アンカースクリューを併用した矯正歯科治療

歯科矯正用アンカースクリューは直径1.5㎜、長さ6㎜程度の、見た目は小さなねじです。
骨に植立し、絶対的な(動かない)固定源として、歯を動かすときに使います。

歯を失った際の治療の選択肢の一つであるデンタルインプラントとは違います。

  • アンカースクリュー
  • アンカースクリュー

「ネジを骨に打つ」=「痛そう、恐い、血がでる」などのイメージを持つかもしれませんが、抜歯よりずっと低侵襲です。

局所麻酔後に無痛的に埋入します。歯茎を切開することはありません。
埋入時間は一か所につき数分間です。麻酔を効かせている時間の方が長いくらいです。
埋入中も埋入後も、出血や痛みはほとんどありません

歯科矯正用アンカースクリューは、歯を動かす固定源としての役割を果たしたら、撤去します。
撤去には、痛みを伴わないため、麻酔は使いません。穴は、数日間で粘膜によってふさがれ、他の歯茎と区別がつかないほどに修復します

残念ながら、矯正歯科用アンカースクリューは、植立しても安定しないケースがあります。すなわち動揺して、脱落することがあります。
その場合は、植立する部位を代えて再埋入します。一度経験すると、再埋入時に矯正歯科用アンカースクリューに対して、抵抗感を持つ患者さんはほとんどいません。

当院では、再埋入に際し、追加費用がかかることはありません

矯正歯科用アンカースクリューを勧める理由

1.成人の患者さんがヘッドギアを使う必要がなくなりました

ヘッドギア

出っ歯の改善のため、小臼歯を抜歯したスペースへ前歯を後方に移動するとき、本来固定源となる奥歯が前方移動してしまう心配があります。そこで、固定源の補強として、成人の方にもヘッドギアの装着をお願いしていました。(前歯を後方へ引く際に、首や頭を固定源にして奥歯が前に動かないようにしていました。)

矯正歯科用アンカースクリューによって、ヘッドギアを使う必要がなくなりました。

2.開咬やガミースマイルの治療がしやすくなりました

矯正歯科用アンカースクリューによって、歯を根の方向へ動かす圧下という難しい歯の動きも可能となりました。

開咬では奥歯を、ガミースマイルでは前歯を圧下することで不正咬合を改善します。

  • 症例写真
  • 症例写真

初診 無料相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口の中のお悩みや疑問・不安などにお答えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • 矯正相談

電話での問い合わせ

電話

歯科医院の住所

〒252-0314
相模原市南区南台6丁目19−7

診療時間
9:00 ~ 13:00-(※)-
14:30 ~ 18:00-(※)-
  • ▲土曜、日曜の午後は14:00~17:00
  • 日曜は月1回のみ診療(主に2週)
  • ※日曜診療の翌日月曜は振替休診

このページの先頭に戻る